地球環境を支えてくれる存在 魅力あふれるマグネシウム資源

酸化マグネシウムとは

酸化マグネシウムってなに? という疑問に簡単に答えるなら、マグネシウムを酸素中で燃やしたときに生じる白色粉末状の固体、となります。学生時代、理科の授業で登場したことや、実際に実験で取り扱った経験もあるのではないでしょうか。化学式MgOだって、理科の苦手な方でもわりと馴染深いものかもしれません。また、「カマ」、「カマグ」とも呼ばれます。

用途

では、酸化マグネシウムがどんなものに使われているのかというと、価格も安く、融点が2800℃と高く高塩基性物質であることなどから、耐火物として広く利用されており、一方、高温での電気絶縁性に優れ熱伝導率も比較的高いため、絶縁材料としても広く利用されています。便秘改善等の効果があることから、薬としても注目されていて、身近なのはひょっとするとこちらの方かもしれません。また、酸化マグネシウムに還元剤を添加し、減圧して高温に加熱し 精錬する方法を熱還元法と呼びますが、そうして実用金属中、最軽量と呼ばれるマグネシウムを取り出すことにより、急激に需要が伸びている自動車や携帯用端末の構造材として利用することが可能となるのです。このことからもわかるように、酸化マグネシウムは使い勝手が良く、そのため、私たちの身近なものに、幅広いかたちで利用されているのです。

魅力あふれるマグネシウム資源